祐気取り、里山での暮らしのご紹介


by tooka666

日本国家の太極は天皇陛下

日本国家の太極は天皇陛下

生前、張明澄先生から“幸せの恒常”を得る方法を伝授して頂きました。

皆さまに魅力ある人になっていただきたいと思いまして、

「如来蔵=守護仏」を世に広めたいと思いました。




光明」、「守護仏」とは、

南華密教は、その名称が示すとおり、中国の江南地帯で、在家居士のあいだに広まった密教です。

中国において密教は、唐朝末期から清朝末期までの間、千年以上も弾圧されつづけ、寺を焼かれて僧が殺される迫害は、何度となくくり返されました。

辛亥革命後、ようやく法に触れずに学ぶことができるようになったのです。

南華密教の六法の第四段階に「光明」があります。

この「光明」の修行をすれば人柄が輝き、人々から慕われるようになります。

しかし、六法の修行はむずかしく、普通の人にはできないので、簡便法として、この「如来蔵=守護仏」による「光明法」が編み出されました。

この方法は実践しやすく、誰でも根気があれば必ずできるものです。

 学識

 素質

 環境

を必要としないので、ぜひ頑張って「光明」を身につけることをおすすめ致します。

            明澄透派十三代掌門・張明澄



『守護仏』には十九柱があります。

各、仏さまの個性を知りまして実践することです。

そして仏さまの個性(ご自身)の「やるべきこと」「やってはいけないことなどの目的を知ることが「光明法」になります。

「人間の向上」「魅力の増大」「幸せの恒常」を得る方法です。



例えば、

馴染みの薄い明王さまに三世明王」という仏さまがいます。



三世明王は、

置身事外(ちしんじがい)・処之泰然(しょうしたいぜん)」という

実践行動することで魅力的になります。

置とは置く、身とは身体、身分。

置身とは、身を置くと直接的短絡的に考えられますが、

その意味は、どこにいるのか、ということです。

事とは事件、トラブルなどの意味であり、

外とは外の意味で、

事外とは事件トラブルです。

したがって、

置身事外というのは、事件トラブルに巻きこまれない

安全第一主義の意味です。

処とはする、処理する、

身を置くから、

処之はおなじ意味で、処理するどこどこにいる意味です。

泰とは安泰という意味であり、

然とは状態という意味であり、

泰然というのは、安全状態の意味です。

したがって、

処之安泰というのは、危ないことをしない

安全な状態に持って行くという意味です。



三世明王のイメージ個性

「淡泊」と「寛大」であり、

一番おそれることは、執着神経質に見られることです。

だから、

考えたことが行動につながり、実践することに当って、

あまり小さいこと細かいことを気にせず、

むしろ淡々として、無造作にことを運ぶことです。

そして、寛大で開放的に、これっぽちも、

 執着

 貪欲

 神経質

 お天気屋

などのイメージを人々に与えないように気をつけるべきです。

 さもないと、ぜんぜん魅力がありません。



東寺の三世明王



<ひとり言>

今上天皇陛下は、生まれた時間からの仏さま(守護仏)は、「三世明王」でした。

ネットの世界では、皇室が物議の種になって賑わっています。

騒いでいる内容が真実に近い内容ですと、

今上天皇陛下の如来蔵=守護仏は、「三世明王」ですから、

“安泰”からは、ほど遠くなります。

天皇陛下ご自身の安泰、強いては国民の安泰が揺らいでしまいます。

  易学・古事記から申しますと、日本国家太極天皇陛下だからです。


*三世明王のラッキーカラー(守護色)は、桃色(ピンク)です。


☆畏れ多くも神である今上陛下のことを

 例にいたしまして申し訳ございません。



感謝と祈りを込めて

人気占い師ならエキサイト

[PR]
by tooka666 | 2017-08-04 18:12 | Comments(0)